北海道の鉄道の「危機」と未来――国鉄改革の評価と課題――(Special conference of Railway History Society of Japan)

鉄道史学会第37回全国大会 特別講演
『北海道の鉄道の「危機」と未来――国鉄改革の評価と課題――』

日 時:2019年9月21日(土)14:40~16:10(開場は14:30)

場 所:釧路公立大学 大講義室1
(北海道釧路市芦野4丁目1番1号)

講 師:石井幸孝氏(九州旅客鉄道株式会社初代代表取締役社長)

主要著作
『蒸気機関車』(中公新書、1971年)、『キハ82物語――「はつかり」で始まったディーゼル特急半世紀の物語(JTBキャンブックス、2005年)』、『九州特急物語―創業からJR九州までの120年』(同、2007年)ほか多数。

ご案内:

9月21日(土)、22日(日)に、釧路公立大学で、鉄道史学会第37回全国大会が開催されます。21日(土)は、個人発表、22日(日)に共通論題報告を行います。21日(土)午後からは、特別講演も開催いたします。
石井氏は、今年の7月23日(北海道経済同友会ほか主催)、8月2日(北海道運輸交通研究センターほか主催)に札幌で御講演をおこなっていますが、主旨はいたって明快です。①そもそも鉄道というのは、巨大な装置産業でありコストがかかること、②JR北海道の経営危機は、構造的な問題であり、鉄道業の利益は、沿線の人口密度に左右されるものであること、③国鉄分割民営化後の3島会社には、経営安定基金が設けられたが、金利が下がったことから運用益が減少したため、本来JR北海道にいくはずの資金が5000億円ほど足りていないこと(したがって、多分、設備投資が不足しているはず)、④その穴埋めのためには、現在JR各社が支払っている税金総額3000億円のうち、1割程度をJR北海道に補てんすること、国土交通省だけではなく財務省との協議も必要であること、⑤北海道は、国境を接し、また、日本の食糧供給地としても重要な地位をもっているのであり、鉄道維持にむけての国の政策が問われていること、⑥現在、黒字の東海道新幹線なども、将来的にはリニア、北陸新幹線の大阪延長によって3本の新幹線が運行することになり、コストがかさむようになるので、新幹線による物流を考えなくてはならないこと、⑦そのためには、一同が会して議論する「土俵」と、議論を主導する「行司」が必要であること、などを主張されています。
石井氏は、国鉄勤務後半の15年間、本社の車両計画部門の幹部として、新製車両の製造計画などの責任者としての経歴もおもちです。毎年、北海道へスキーにこられるほど、北海道が大好きという思いもお持ちです。
長い国鉄勤務時代、および、JR九州初代社長としてのキャリアを通して、鉄道を知り尽くしている石井氏が、釧路で、どのような話題を提供してくださるのか、ご都合がつきますようでしたら、ぜひ石井氏の御講演にご出席くださるようお願い申し上げます。

鉄道史学会第37回大会実行委員長・鉄道史学会会長
釧路公立大学 教授 宮下弘美

*当日、石井氏の最新刊『人口減少と鉄道』(朝日新書、2018年)を販売できるように準備中

 

鉄道史学会第37回全国大会について詳細は<こちら>

連絡先:
鉄道史学会事務局 E-mail: tetsudoshigakkai(at)nikkeihyo.co.jp
鉄道史学会学会長・第37回大会実行委員長 宮下弘美(釧路公立大学) E-mail: hiromi(at)kushiro-pu.ac.jp

広告

鉄道史学会第37回全国大会 (The 37th annual meeting of Railway History Society of Japan)

鉄道史学会第37回全国大会

日 時:
9月20日(金) 9:00-18:00
9月21日(土) 8:50-
9月22日(日) 9:00-

場 所:釧路公立大学
(北海道釧路市芦野4丁目1番1号)

プログラム:
9月20日(金) エクスカーション(9:00-18:00)

◇道東の鉄道遺産(詳細は鉄道史学会HPを参照)

9月21日(土) 釧路公立大学 大講義室Ⅰ(8:50-)

◇自由論題報告
① 9:00~ 9:50
阪神電気鉄道による旅客誘因政策の展開――灘五郷酒造地域との関係を事例に
三科仁伸(下関市立大学)
② 9:55~10:45
国有鉄道のメートル法実施時の駅間営業粁程表の発見
水谷昌義(安田女子大学)
③10:50~11:40
イギリス鉄道史研究動向
冨田新(帝塚山大学)
11:40~13:00  昼食・休憩・理事会
④13:00~13:50
第一次電力国家管理体制下における電鉄業の兼営電気供給業
嶋理人(熊本学園大学)
◇会員総会  14:00~14:30
特別講演  14:40~16:10
『北海道の鉄道の「危機」と未来――国鉄改革の評価と課題』
石井幸孝氏(JR九州初代代表取締役社長)
※詳細は<こちら>
◇鉄道史学会住田奨励賞授賞式 16:15~17:00
◇懇親会  18:00~20:00 (ANAクラウンプラザホテル釧路)

9月22日(日) 釧路公立大学 大講義室Ⅰ(9:00-)

◇受付開始 8:30~
◇エクスカ―ション報告 9:00~9:30
道東の鉄道遺産―殖民・簡易軌道を中心に
清水一史(九州大学)
◇共通論題報告
『鉄道経営の史的分析――資金調達と会計』
司会 渡邉恵一(駒沢大学)宮下弘美(釧路公立大学)
問題提起 9:35~9:50  宮下弘美(釧路公立大学)
Ⅰ 日本
① 9:50~10:20
幹線鉄道の敷設(1872年~1906年)
宮下弘美(釧路公立大学)
② 10:25~10:55
鉄道国有化(大手私鉄17社の買収)(1906年~1949年)
中村将人(中京大学)
③ 11:00~11:30
日本国有鉄道の成立(1949年~1987年)
高橋伸夫(東京大学)
11:30~12:50  昼食・休憩
④ 12:50~13:20
JR7社の発足(1987年~現在)
吉見宏(北海道大学)
Ⅱ イギリス
⑤ 13:25~14:00 国有化と民営化
湯沢威(学習院大学名誉教授)
Ⅲ アメリカ
⑥ 14:05~14:40 鉄道の会計史
村田直樹(日本大学)
14:40~14:50 休憩
14:50~15:10 コメント 桜井徹(国士舘大学)
15:10~16:10 討論

◇閉会挨拶16:10~16:15  大会実行委員会(釧路公立大学)宮下弘美

※非会員も自由論題報告・共通論題報告(エクスカーション報告含む)・特別講演・懇親会への参加が可能(懇親会は有料)。
詳細は鉄道史学会ウェブサイト

連絡先:
鉄道史学会事務局 E-mail: tetsudoshigakkai(at)nikkeihyo.co.jp
鉄道史学会学会長・第37回大会実行委員長 宮下弘美(釧路公立大学) E-mail: hiromi(at)kushiro-pu.ac.jp

感覚とビジネス—20世紀転換期米国における大量消費社会の台頭と視覚性の変化―

経営史学会北海道ワークショップ第64回例会
社会経済史学会第38回北海道部会

日 時:2019年9月17日(火)16:00~18:00

場 所:北海道大学 経済学研究院 大会議室(3階301)
(札幌市北区北9条西7丁目)

  • 報告者  久野愛(京都大学)
  • 報告内容 感覚とビジネス—20世紀転換期米国における大量消費社会の台頭と視覚性の変化―
  • 司会   韓載香(北海道大学)

連絡先
経営史学会 北海道幹事 韓載香
E-mail: hjaehyan(at)econ.hokudai.ac.jp

社会経済史学会 北海道理事 白木沢旭児
E-mail: siraki(at)let.hokudai.ac.jp

【ポスターはこちら】

戦後改革後期における農業開発株式会社設立構想と農地証券 / 文化大革命後期の中国における農村経済の変容――食糧流通にみる中央統制の希薄化

政治経済学・経済史学会第51回北海道部会
社会経済史学会第37回北海道部会

日 時:2019年8月24日(土)14:00~17:30

場 所:北海道大学 人文社会科学総合教育研究棟 W202室(2階)
(札幌市北区北10条西7丁目 JR札幌駅北口より徒歩15分)

  • 報告1 松村史穂(北海道大学)「文化大革命後期の中国における農村経済の変容――食糧流通にみる中央統制の希薄化」
  • 報告2 齋藤邦明(和光大学)「戦後改革後期における農業開発株式会社設立構想と農地証券」
  • 司会  白木沢旭児(北海道大学)

連絡先
白木沢旭児 E-mail: siraki(at)let.hokudai.ac.jp

【ポスターはこちら】

Special Study of Global Economy and Business / グローバル経済経営特論

Hokkaido Summer Institute 2019

Date: July 8-12, 2019
Place: No.222, 2nd floor, School of Economics and Business, Hokkaido University

Lecturers:
Prof. Tetsuhiko TAKAI (Hokkaido University, Japan, Coordinator)
Prof. Po Han Fong (National Taiwan University, Taiwan)
Prof. Jaeok Park (Yonsei University, Korea)

School of Economics and Business, Hokkaido University
Hokkaido Summer Institute Managing Section
Kita 15, Nishi 8, Kita-ku, Sapporo Hokkaido 060-0815
http://hokkaidosummerinstitute.oia.hokudai.ac.jp/

HSI

北海道国際夏季講座「グローバル経済経営特論」
日時:2017年7月8-12日
場所:北海道大学 小会議室222
講師:
高井哲彦氏 (日本・北海道大学:コーディネーター)
ポハン・フォン氏 (台湾・国立台湾大学)
ジョク・パク氏 (韓国・延世大学)

※本講義はHokkaido Summer Instituteの一環として、北海道大学教員と海外大学教員が英語講義を共同開催し、北海道大学生や北海道大学海外協定校生がグループワークします。
連絡先:
北海道大学経済学部
北海道サマー・インスティトゥート
札幌市北区北15条西7丁目
http://hokkaidosummerinstitute.oia.hokudai.ac.jp/

 

産業振興と許可制:戦間期日本の自動車工業のケース / 戦前期東京市における小売商店の職住関係:まちづくり商業史への一視角

経営史学会北海道ワークショップ第63回例会
社会経済史学会第36回北海道部会

日 時:2019年7月13日(土)14:00~17:30

場 所:北海道大学 人文社会科学総合教育研究棟 W202室(2階)
(札幌市北区北10条西7丁目 JR札幌駅北口より徒歩15分)

  • 報告1 加藤健太(高崎経済大学)「産業振興と許可制:戦間期日本の自動車工業のケース」
  • 報告2 満薗勇(北海道大学)「戦前期東京市における小売商店の職住関係:まちづくり商業史への一視角」
  • 司会  韓載香(北海道大学)

連絡先
経営史学会 北海道幹事 韓載香
E-mail: hjaehyan(at)econ.hokudai.ac.jp
社会経済史学会 北海道理事 白木沢旭児
E-mail: siraki(at)let.hokudai.ac.jp

【ポスターはこちら】

製糖業の経営史

社会経済史学会第35回北海道部会
経営史学会北海道ワークショップ第62回例会
政治経済学・経済史学会第50回北海道部会

日時:2018年12月15日(月)14:00~17:30
場所:北海道大学 人文社会科学総合教育研究棟 W202室(2階)
札幌市北区北10条西7丁目

● 報告1 久保文克(中央大学)
「戦前期北海道甜菜糖業の挫折と展開-北海道製糖株式会社を中心に」
● 報告2 齋藤直(フェリス女学院大学)
「戦間期日本における製糖業の企業金融-季節性への対応と企業間格差」
● 司会 白木沢旭児(北海道大学)

連絡先:
経営史学会 北海道幹事 韓載香 hjaehyang@econ.hokudai.ac.jp
社会経済史学会 北海道理事 白木沢旭児 siraki@let.hokudai.ac.jp